忍者ブログ

キョウノキューブ

住まいづくりをサポートする 有限会社キューブの現在進行形ブログです 毎日の仕事の様子などをアップしています

本牧マンションリノベーション

ビルのオーナーが自邸として使っていた3LDKの部屋の一部を
レンタルルームにするためのリノベーション工事をしました

広さ約15坪(50㎡)

当初、貸しスタジオとか、学習塾とかいろいろ案がありましたが、
確実な家賃収入という点で「住まい」を提案しました


玄関や、トイレ、浴室、洗面室はもともとオーナー宅であったので、
賃貸物件にはないような広さ
そのうえ、玄関には大型のクローク 、室内にはウォークインクローゼットのほか
大型の薄型収納まで既存であり、それを生かしてリノベーションできました

キッチン、ユニットバス、トイレなどの設備器具は最新のタイプ
そして、住む人がカスタマイズできるように
間仕切りをつけず1フロアーのタイル貼りにしました
(不動産業界では「スタジオルーム」と呼ぶらしいんです」
 

IMG_2014.JPG IMG_2037.JPG

自分が住むなら、こんな部屋、というのがコンセプトです(笑)
ターゲットは働く女性やディンクス(子供のいない夫婦)
 

ただ、横浜など近郊都市は都内と違い、借りるより買うといった意識が強く、
横浜の賃貸物件のシェアは狭いという現実を知りました

そんな訳で、不動産屋さんと家賃の設定で、意見がくい違いました

でも、相場で家賃を決めてしまったら、「価値を上げる」ためのデザインや
設備器具は必要なかった訳で、、、
安売りはできない!という感情がメラメラと湧き上がってきました


そもそも、賃貸物件とは
「どうせ賃貸に住むのなら・・」という感覚を楽しみたい人のものだと思っています

もちろん、一時的な住まいを探したり、仕事上、利便を優先せざる得ない場合もあるでしょう
でも、ここで私が提案する物件は、そういう目的の人がターゲットではありません

気に入った住まいや、環境にお金を払ってもいいという感覚の人
また、それだけ住まいへのこだわりがあってこそ
部屋を大事に使ってくれるであろうという願望も含めてです


とはいえ、私の強い気持ちとは裏腹に
いつまでも、借り手がつかない部屋は、オーナーにとって負担です
 

借りる側、貸す側、お金を出す人、作る側、それぞれの思惑があり
大変勉強になった案件でした

 
どうか、部屋を気に入って愛してくださる方が借りてくださいますように


*詳しい画像はコチラ
ご興味のある方は、HPのメールアドレスよりご一報くださいませ

PR

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
yuko Hashimoto
HP:
性別:
女性
職業:
インテリアデザイナー
自己紹介:
住まいづくりをサポートするQBEの
インテリアコーディネート及びデザインを担当しています
お問い合わせ先は上記URLより!

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

Copyright ©  -- キョウノキューブ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ